千葉大学 博士課程教育リーディングプログラム:免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

English

イベント

米国国立衛生研究所 (NIH) 訪問リポート (2013年10月23日ー同年11月22日): 医学研究院 免疫発生学 特任准教授 八木 良二

National Institute of Allergy and Infectious DiseasesのLaboratory of Immunology (LI) の chiefであるWilliam Paul博士の研究室の論文講読会やデータ発表会に参加すると共に、LIの見学や実験実習を行った。

また、本LGSのプログラム担当教員の一人であるNational Cancer InstituteのExperimental Immunology BranchのchiefであるAlfred Singer博士と、本LGSの今後の方向性やグローバル化に対応するための方策に関し、有意義な意見交換をすることができた。

今後、これらの貴重な経験をLGSにフィードバックしていきたい。

 nih-C c.JPG

 NIH ベセスダキャンパス ビルディング10


« 戻る

↑ページ先頭へ戻る