千葉大学 博士課程教育リーディングプログラム:免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

English

イベント

米国国立衛生研究所 (NIH) 訪問リポート (2013年10月23日ー同年11月22日) : 1期生 免疫発生学 サーカー エムディ ムーシェド ハサン

今回のNIH訪問では、William Paul博士の研究グループから、エフェクターT細胞のin vitroおよびin vivoの機能解析の実験技術を習得した。また、彼らのLab meetingに参加することで、T cell biologyの最新情報、およびサイエンスのクエスチョンに対するアプローチの考え方を教わることができた。

一方、NIH Research Festival に参加し、トランスレーショナルリサーチの現在の動向や最新情報を知ることができた。

また、幸運にも、2013年度のノーベル生理学・医学賞受賞者であるRandy Schekman博士の講演に出席する機会に恵まれた。

この訪問で得た貴重な経験を今後の研究に活かしていきたい。

  nih-C c.JPG

                                                                                                                        NIH ベセスダキャンパス ビルディング10


« 戻る

↑ページ先頭へ戻る