千葉大学 博士課程教育リーディングプログラム:免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

English

イベント

第2回全国博士課程教育リーディングプログラム学生会議に参加して:2期生 李 惠子

平成26年6月21日(土)、22日(日)に、熊本大学薬学部宮本記念館にて「第2回全国博士課程教育リーディングプログラム学生会議」が熊本大学、九州大学、長崎大学合同で開催された。

今回の学生会議のメインテーマは「博士のEmployabilityと博士教育と社会の接続」であった。これについて1日目に「(博士として)私たちが働くにあたって、求めるものはなにか?」、「社会が博士に求めるものは、どんなことだと思うか?今の私たちに足りないこと、必要なことは?」、「私たちがそれぞれやりたいことやなりたいもの(夢)、それと実際のギャップをどう埋めるか?そのために、私たち、社会、企業または(リーディングプログラム)大学院がすべきこと、してほしいことは何か」の3つの題について、ワールドカフェ形式で意見を共有し、2日目にチームごとにアイデアをまとめ、「博士人材を活用していくために、私たち、社会や企業、そしてこれからの大学院が何をすべきか?」についての提案をプレゼンテーションした。全国から専門分野の異なるリーディング大学院生が集まったが、今回のメインテーマはすべての参加者にとって共通する問題・課題であり、活発な意見交換が行われた。プレゼンテーションにおいても、ポスターやPWPなど発表形式も様々で、最終的な結論が類似しているものもあったが、それまでのストリー展開はチームによって個性豊かで、どれも素晴らしいものであった。また、企業関係者も多く参加されていることから、学生同士の交流だけでなく、企業側から博士人材に期待することについて直接意見を伺うことで、企業側と博士学生の間に生じる意見のギャップが明確になった。

このほかに、萩原真一様(ゼンカイミート株式会社代表取締役)、Devang Thakor様(米国特許商標局特許審査官)、喜久里要様(大阪大学総務企画部経営企画課長)、藤沢久美様(シンクタンク・ソフィアバンク代表)、そして樋渡啓祐様(佐賀県武雄市長)からご講演頂いた。その分野におけるリーダーとして活躍されている講師の先生方から、リーダーになること、そして、イノベーティブな人材になることに必要なことについて多く教わった。

年に一度全国のリーディング大学院生が一挙に集まって、互いに意見交換し切磋琢磨できる非常に有意義な時間となった。

KUMAMOTO2014.jpg

 

 


« 戻る

↑ページ先頭へ戻る