千葉大学 博士課程教育リーディングプログラム:免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

English

イベント

治療学実習[欧州研修_世界保健機関WHO] (2014年11月27日ー同年11月28日) : 2期生 生殖機能病態学 曽根原 弘樹

【研修要約】
研修は大きく、スイス、ジュネーブにおけるWHOでの研修とドイツ、ベルリンにおけるフンボルト大学、シャリテ医科大学見学、日独シンポジウムへの参加から構成されていた。WHOではスタッフの方々からの講義や案内、インターン活動の紹介、多くの職員や留学生との交流を行った。WHO研修は2日間であり、初日はWHOの概要についての説明、施設内見学に続いて、感染症対策を中心とする講義を受講した。夜には参加学生、スタッフを囲んでのパーティーも開催された。2日目は非感染症への取り組みやインターンシップ活動についてまた初日に知り合ったスタッフへの質問もすることができた。

 WHO研修の風景 Sonehara01.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

【印象的な研修内容】
ジュネーブにおけるWHO研修で特に印象的な研修内容を挙げる。ジュネーブのWHOにおいて最も印象的だったのはWHO正面玄関に建つ天然痘撲滅を記念した銅像に代表されるように、感染症対策へのWHOが行う不断の取り組みだった。エボラウイルス病対策、結核予防、肝炎治療ガイドライン作成などについての講義を実際にそれらの活動を行っている職員の方々から学べたことは、大変印象的であり、先進国を中心として非感染症対策に重点が移る中、感染症対策の重要性が依然高いことを理解できた。一方、WHOが今後取り組むべき問題が非感染症へとシフトしていくという点についての講義も印象的であった。先進国では既に公衆衛生の中心課題は感染症から生活習慣病に代表される非感染症へと移っているが、現在の発展途上国においても感染症は次第に制圧されつつあり、非感染症対策が世界的な命題となりつつあることが理解できた。

Sonehara02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天然痘撲滅を記念した像



【研究活動への展開について】
私の研究活動領域は産婦人科学であり、ジュネーブ、ベルリンでの研修は素晴らしい経験となった。WHOで学んだ多くの感染症対策は直接的に産婦人科領域の感染症ではなかったものの、基本的には他領域の感染症でも同じ概念と考えられ、いまだ多くの疾患が存在する性感染症や感染症による早産、ヒトパピローマウイルスによる子宮頸癌などへの対策に応用ができると考えられた。また、WHOにおける肝炎治療のガイドライン作成の流れを学べたことからは、日本におけるガイドライン作成や高いエビデンスレベルに基づく治療選択にとって有用な知見を得ることができた。一方でWHOが今後力を入れていく非感染症について学べたことで、私が将来行いたい遺伝的リスク評価の研究は直接的に貢献することができ、今後その重要性が増すことを再認識できた。現在、世界的希望で患者ゲノム情報の理解への取り組みが進んでおり、WHOからも遺伝情報の取り扱いに関して何らかのアプローチがあると考えられる。さらには、研修全体を通して、世界中の多くの研究者、医療関係者、留学生らと交流することができ、コミュニケーション能力の向上を図ることができた。


« 戻る

↑ページ先頭へ戻る