千葉大学 博士課程教育リーディングプログラム:免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

English

イベント

治療学実習[欧州研修_世界保健機関WHO] (2014年11月27日ー同年11月28日) : 2期生 薬効薬理学 山崎 璃沙

【研修要約】
[1] オリエンテーション笹川良一像や歴代WHO事務局長肖像、会議室、屋外の天然痘根絶記念碑などの解説を受けた。 [2] 講義内容: WHO職員のモチベーション、職種、他の国際機関との連携、日本人がいまだに少ない理由。WHOが求める人材とは、世界の保険事情、WHOが世界から求められていること、MDGsと課題、ポストMDG2015。 結核対策における過去の誤りと現在の取り組み。環境 (環境中の化学物質、地球温暖化など)と健康。肝炎への取り組み、ガイドラインの作成、ガイドラインと実際に適用するべき国とのギャップ。WHOにおけるvigilance (medicines, vaccines and SSFFC) 取り決めについて、環境と健康について (環境ホルモン、生物濃縮、母乳への影響、私たちが気をつけられること、室内環境について)、 [3] インターンシップについて (大変だったこと、インターンまでのいきさつ、各国における奨学金、インターン生の職務、等)

Yamazaki01.jpg                                                         WHO敷地内に建つ天然痘撲滅の記念像

【印象的な研修内容】
世界の経済・政治情勢の変化に伴い、公衆衛生や問題となる疾患の種別も刻々と変化し、WHOに求められる舵のとり方も変わる。WHOがサポートすべき国と、WHOを通じて世界をサポートすべき国があり、今後世界規模での少子高齢化が進むことを踏まえ、日本人がより国際的に活躍していく時代が迫っていることを感じた。では現在なぜ「WHOには日本人職員が少ないか」。まず、日本では国内で完結することが多い。多くの人は日本に住むことを望み、安定した収入が望める。また、日本は医療が進歩しており、日ごろ公衆衛生を意識する機会が少ないと感じる。私自身がそうであったが、国内の多くの場所では衛生問題を意識することが少なく、結核などを除き感染症の蔓延なども稀である。私を含め多くの日本人はそういった点で世界の状況に疎い。そしてやはり、私が一番感じたのは英語の壁であり、インターンに通ることすら難しい。人脈なども大事であると伺ったが、日本の教育・就職システムでは最低6週間のインターンをするタイミングも難しい。インターンの話の間、多少の歯がゆさを感じたが、話をしてくださった三人ともとても活き活きとしているのを見て、このような機関で働く機会を得るということは非常に素晴らしい経験となることを感じた。また、国際機関は空きが出ると、随時募集をかけるので、日本人は (専門性や英語力を磨いておき) その部分や出向を狙う方法も良いと思った。求める人材について、リーダーシップを取れることは重要であると感じた。WHOが国際機関であるために強制力をもてないことは、難しい問題であると感じた。ある程度規制を設けないと、多くの人が努力することは難しい。WHOの玄関を入るとまず「タバコ減」のパネルが目につくが、WHO本部のあるジュネーブの街中で感じたのは喫煙率の高さだった。目標で終わらせないために、各国の機関やNGO等との連携も非常に重要であり、より力を注ぐべき課題であると感じた。先生方の多くは表面的なことや綺麗ごとだけでなく、WHOの問題点や実際のことを交えて貴重なお話をしてくださり、勉強になった。          
                                                                                                                                                                                                                                                                 国際保健の介入点とサイクル、中谷AGDスライドより
Yamazaki02.jpg.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【研究活動への展開について】
研究とは直接関係ないかもしれないが、WHOのような国際社会のリーダーの立場である機関が求める人材のお話で、やはり将来研究チーム等に加わったり、けん引していく立場になった時に、どう舵を取るかを日ごろからトレーニングする事が重要であると感じた。また、日本が国際社会で活躍するために、研究者も英語が堪能でなければならない。
                                                                                                                                                                                                                                 


« 戻る

↑ページ先頭へ戻る