千葉大学 博士課程教育リーディングプログラム:免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

English

イベント

治療学実習【欧州研修】スイス ジュネーブWHO他国際機関

リーディング大学院では、治療学実習(海外研修)として、予防医学センター主催のスイス・ジュネーブにあるWHO(世界保健機関)を中心とした国際機関での研修に、毎年学生を送っている。今年度もリーディング大学院からは2名が参加した。当研修には、医学薬学府の学生の他、千葉大学の他学部、看護学、工学、融合理工学、融合科学、園芸学等の大学院生、国際教養学部の学部生の参加もあり、他の専門性を持つ意識の高い学生たちとのよい交流の場ともなっている。研修後も連絡を取り合い、よい意味で刺激を与え合う親交が続いているようである。

ジュネーブ国際機関視察研修

   日 時:平成29年9月25日(月) - 9月27日(水)
   場 所:国際機関(スイス・ジュネーブ)
       WHO(世界保健機関)、
       Global Fund(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)
       IFRC(国際赤十字赤新月社連盟)
       ILO(国際労働機関)
       在ジュネーブ国際機関日本代表部
       UNOG(国際連合ジュネーブ事務局) 
   LGS参加者:2名
       LGS学生 2名:【4期生】一色佑介、【5期生】南塚拓也
   引率教職員:
       予防医学センター:森千里先生、戸高恵美子先生、中岡宏子先生
                志賀里美さん、古賀千絵さん、
       シャリテ医科大学:柏原誠さん
       薬学研究院   :西田篤司副学長
       看護学研究科  :岩崎弥生先生
       国際教養学部職員:加賀谷里奈さん
       リーディング職員:白川ハルデイン啓子
       富山大学    :種市尋宙先生
       千葉大学他学部大学院生等12名       計25名

研修風景

   WHO(世界保健機関)での全体写真

WHO全体写真.JPG

   研修風景
研修風景1.JPG 研修風景3.JPG

優秀報告書

   【5期生】南塚拓也  LGS海外実習報告書(WHO研修)5期生_南塚拓也_J.pdf

    詳細はPDFを開いてご覧ください。

LGS海外実習報告書(WHO研修)5期生_南塚拓也_J.PNG LGS海外実習報告書(WHO研修)5期生_南塚拓也_J2.PNG


« 戻る

↑ページ先頭へ戻る