千葉大学 博士課程教育リーディングプログラム:免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

English

イベント

博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2017

博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2017

平成29年10月19日(木)に名古屋大学にて事前議論が、10月20日(金) - 21日(土)に名古屋マリオットアソシアホテルにて「博士課程教育リーディングプログラムフォーラム2017」が、名古屋大学主催で開催されました。

「博士課程教育リーディングプログラム」は、優秀な学生を俯瞰力と独創力を備え広く産学官にわたりグローバルに活躍する未来のリーダーとして養成することを目的とした、文部科学省の事業です。次代の扉を開く優秀な人材へのニーズの高まりに伴い、2011 年にスタートし、以降全国33 大学62 プログラムが採択されました。本年度は、初年度採択20プログラムが事業最終年度を迎える節目の年にあたります。

全ての採択プログラムが集う最後の機会となる本年度のリーディングフォーラム2017では、「リーディングプログラムのレガシーと修了生への期待」をテーマに、リーディングプログラムの成果や財産とは何かが議論されました。各プログラムでの幅広い取り組みを振り返り、リーディングプログラムで得られた成果、リーディングプログラムが博士人材のキャリア決定にどう影響したかを取り上げ、それからの示唆を広く大学院教育改革へと発展させていく狙いのあるプログラム構成でした。

プログラム関係の教職員・学生の他、産業界、研究機関、行政機関、国際機関、アカデミア等の、幅広い分野からの参加がありました。

Forum_IMG_1277_edited.jpeg


10月20日(金):下記のプログラムが催されました。
 《基調講演1》:科学技術振興機構理事長 濵口道成氏
 《基調講演2》:BTジャパン株式会社代表取締役社長
        日本経済団体連合会審議委員会副議長
        内閣府規制改革推進会議委員 吉田晴乃氏

 《ショートプレゼンテーション》Forum_CIMG5371_edited.jpg
  平成23 年度採択20 プログラム(今年度最終年)における
  学びや成果について
 《パネルディスカッション》
  「リーディング大学院のレガシー」について
 《学生ポスター発表》
  リーディングプログラムで身につけたスキルが
  キャリア形成にどう生かされるかについて
  千葉大学リーディング大学院参加者:2期生:曽根原弘樹
 《意見交換会》

10月21日(土)
  「出口戦略」「プログラム定着」「多様性推進」といった
  テーマが、各《分科会》で議論されました。


千葉大学リーディング大学院プログラムからは以下の3名の学生が参加いたしました。

【2期生】曽根原弘樹 (感想)全国から集まったリーディングプログラム所属の博士課程学生との交流はとても刺激的でした。ポスター発表では個人ゲノム解析の医療実装化を目指す私達の発表に対して、多くの建設的なご意見をいただくことができました。博士人材の活用が日本全体で議論となるなか、ぜひ将来的にもリーディングプログラム出身の博士の方々との交流を行っていきたいと考えています。

【3期生】菅野敏生 (感想)産官学のそれぞれの業界を牽引するような方々から、今後必要とされる具体的な博士像についてお話を伺い、我々が社会より期待されている能力を学びました。専門的な知識のみならず市場を渡す力や、新しい分野を開拓する力が求められており、より産業的な価値を生む人材が必要とされている印象を持ちました。また、学生間では産官学界へむけて今後取り組むべき課題として、博士学生の経済支援や就職状況の改善、大学院のグローバル化に必要教育活動について提言をしました。本フォーラムへの参加は期待されている博士像を知るとともに、学生が抱えている問題を共有し解決に向けて互いに話あう非常に有意義なフォーラムでありました。

【4期生】馬 敏 (感想)In the Forum 2017, participants opened a big `dialogue` on the recommendations to industries, academic and educational circles. The presenters described what kind of abilities are required, the present situation in the academic world, and the PhD students' future plans. As leading program students, we entered into a detailed discussion on industry and academia in terms of exit strategies. My team suggested that `building the leading program Alumni and Career Network`. And our proposal was selected as one of the ten suggestions for the Nagoya Declaration. The activity showed the significance of the program for leading graduate schools and the importance of support by MEXT, and it also helps PhD students to make career choices.


会議の詳細につきましては、下記HPをご覧ください。

リーディングフォーラム2017ホームページ http://www.leading.nagoya-u.ac.jp/LF2017/


« 戻る

↑ページ先頭へ戻る