千葉大学 博士課程教育リーディングプログラム:免疫システム調節治療学推進リーダー養成プログラム

English

イベント

5th LGS Winter Camp

5th Winter Camp Poster.JPG本リーディングプログラムでは、「Winter Camp」として、日常の研究・教育環境を離れ、豊かな自然に囲まれた場所で、リーディングプログラム所属の大学院生間の交流を図り、医学薬学領域の治療学に関する議論を行うとともに、グローバルリーダー像を語り合い、将来のビジネスプランを構築することを目的とした研修を実施しています。

本年度の「5th LGS Winter Camp」では、 5期生と6期生が、グループに分かれ、本年度のテーマ「健康医療分野の未解決課題に挑戦する」に沿ったビジネスプランの構築と発表を行い、3期生と4期生は、過去の「LGS Winter Camp」の経験を活かし、下級生のビジネスプランに助言を行いました。教員によりグループ賞の評価が行われ、上級生により個人賞の評価が行われました。



開催概要

日 時:平成31年2月2日(土) - 2月3日(日)

場 所:一宮シーサイドオーツカ

プログラム:下記PDFファイル参照  LGS_5th Winter Camp_プログラム.pdf

企画実行:【5期生】山崎由里子、南塚拓也

参加者:学生24名+教職員等15名=39名

    【3期生】6名: 大谷龍平、菅野敏生、熊谷仁、中川拓也、根川真実、薄田健史
    【4期生】4名: 古矢裕樹、山本 雅、山口有輝子、神崎洋彰

    ※下級生は仮想ビジネスプランを下記グループに分かれて発表した
    【5期生】7名+【6期生】7名:
     Group1:粕谷忠道、小久保幸太、Ika Nindya、Maulana Antiyan Empitu
     Group2:栢森健介、中嶋隆裕、太田陽子、Alimu Yikelamu、山内陽平
     Group3:南塚拓也、山崎由里子、Paul Sudip Kumar、飯田和馬

    【教 員】6名:徳久剛史学長、西田篤司副学長、斎藤哲一郎先生、三木隆司先生
            田村 裕先生、八木良二先生     
    【招聘者】3名:関信男先生、河野剛志先生、沖山 翔先生
    【事 務】6名:菊地勇次、村上幸穂、袖山洋志、佐藤優樹
            白川ハルデイン啓子、福田裕子

全体写真

集合写真2.jpg

表彰 グループ賞部門

グループ賞部門:
優勝:Group 1:FlySavior -AI Device for Medical Emergency Situation on Airplanes-

グループ表彰写真.jpg

表彰 個人賞部門

個人賞部門:MVS:山崎由里子
      Best Discusser賞:Maulana Antiyan Empitu
      Best Presenter賞:小久保幸太
       

個人賞.JPG

ゲスト講演

  アイリス(株) 沖山 翔先生

講師写真.jpg

プレゼンテーション風景

発表風景.JPG

研修風景

会場風景2.JPG


« 戻る

↑ページ先頭へ戻る